クリエイティブ育児でいこう
スペイン人と国際結婚、二姉妹のママで、イラストレータ−&絵本作家。日々のゆる〜り育児をつづります。

スペインから今年もよろしくおねがいいします

0
     あけましておめでとうございます。

    今年もよろしくお願いします。みなさまにとってよい年になりますように!


    今年もスペインから新年を迎えました。(時差があるので日本よりも8時間遅れです。^^)



    お正月といっても、スペインの新年は、とても静かな休日です。

    日本のような初詣もおせちも、年賀状もない、とくに何もない日。

    それでも、今年もスペインの家族と過ごせたことに心から感謝です。


    元旦の昨日は、ママの提案で、海辺にあるパラドール(スペイン国営ホテル)のレストランにランチに行きました。

    ビュッフェだったので、もう食べ過ぎて、死にそうでした。その日は、もう夜ご飯も入らないぐらい食べました。

    その様子は、またあらためて書きますね。


    さて、毎年書いているかもしれませんが、おさらいです。^^

    スペインでは、元旦よりむしろ、1月6日のレイエスマゴス(三賢者)の日が一番大事な休日です。

    6日を過ぎると一気にレバッハス(冬のバーゲン)が始まり、同時にクリスマスからの長い冬休みが終わります。そして、子どもたちには、その日の朝に三賢者からのプレゼントが届きます。(サンタよりもスペインではメジャーです。我が家ではサンタさんが来るのですが。^^)


    私たちは、今年は6日の休日は、バルサの試合を見に行く予定です。楽しみ!

    そして、翌日からのレバッハスを楽しみにしています。




    写真は、地元のマーケット(市場)の様子。

    お肉屋さんには、ハモンセラーノ(生ハム)の足が並び、

    果物やさんには、カラフルなフルーツがいっぱい。きれいです。

    チーズの種類もたくさんあって、美味しい!

    私は、カブラ(ヤギ)のチーズが大好きです。

    これと、生ハムとパンがあればあとはワインだけあればいいかな。^^








    スペイン帰郷中 飛行機で移動とキッズミール

    0
       一年ぶりのスペインに来ています。今年はちょうどクリスマス前にくることができました。
      とにかく、スペインの家に帰って、毎日のんびり過ごしています。

      さて、まずは飛行機の中のおはなし。

      スペインへは、直行便がないので、ヨーロッパのどこかを必ず経由します。
      最初の飛行でだいたい10時間から13時間前後。
      その後乗り換えて4時間から3時間。
      トータル、15時間から18時間(待ち時間含め)もかかる長旅です。
      子どもたちには本当に大変な旅です。

      初めて子連れで帰郷したのが、長女のまあちゃんが7、8ヶ月のころ。
      だから、今年でおそらく、彼女にとって10回目のスペインです。
      あんちゃんも、同じく6、7回目になると思います。

      二人とも、もうかなり旅慣れていて、荷物もしっかり自分のガラガラ(スーツケース)を運んでくれます。
      長い飛行機の中も、映画を観たり、飛行機についているゲームをしたり。
      楽しみ方を知っていて、逆に楽しみにしているほど。

      3、4才ぐらいまでは、移動や乗り継ぎを考えて、ベビーカーに乗せていました。
      その後は、あんちゃんも、長く歩けるようになったので自分で歩かせています。

      飛行機をとるときは、真ん中の4人並びの席をとるようにしています。
      子どもを真ん中に挟んですわれます。
      (3人の場合は、窓側の席がとれるので、いいですよね。)


      食事は、かならず、予約時にキッズミールを指定しています。
      大人用だと残すことが多いので、事前に指定をおすすめします。
      飛行機に乗る前に予約が必要なので、予約時に指定してしまうと安心です。

      今回は、エールフランスでパリ経由でした。
      夜便だったので、夜に出発して、明け方にパリで乗り継ぎ、バルセロナに着くのは朝9時半頃でした。


      最初に出たご飯は、毎回なのですが、子どもたちが眠ってしまった後なので、ほとんど食べられず。。とっても美味しそうなのに残念。
      残せるスナック類だけ、とっておきました。


      その後、目が覚めたころ、到着直前に軽食。
      ほとんどが、日本のものですね。




      起きていた時間が少なかったので、映画は一本だけみました。
      フランケンスパーキーです。
      日本語がなく、英語で観たせいか、子どもたちは途中で飽きてほかのチャンネルに変えてしまっていました。(^^;;
      でも、本当によくできています。一こまずつ動かしてつくったとは驚きです。




      そして、パリに到着。
      明け方のりつぎだったので、パリの空港は真っ暗で何も開いてない上に、乗り換え時間が今回は多めの5時間。
      エールフランスからは、簡単なスナックが配られ、暗い空港で待つことに。
      子どもたちは、人がいないのをいいことに、縄跳びをしたり、走り回ったり。(縄跳びはどこでもできるのでもっていくと便利です)
      まあ、ある意味、楽しかったのかもしれません。



      こうして、どうにかバルセロナに無事に到着。
      子どもたちも、夜にしっかりねたので、元気でした。
      私は持病の腰が心配でしたが、なんとか、今回はトラブルなく到着です。^^













      政治についてもっと話したい!

      0
        ますます寒くなりましたね〜。風邪などひいていませんか?
        もうすぐスペインへの里帰り、ということで、とにかく落ち着かない毎日です。

        さて、子どもと旅行の話もしたいのですが、その前に、先日の総選挙のお話をどうしてもしたいと思いました。

        先日の選挙はとても大切な選挙だったと思います。
        政権交代後始めての選挙であり、
        東日本大震災後始めての選挙、
        そして、原発の今後について決める選挙
        でもありました。

        それが…最低の投票率。しかも、、自民党が圧勝。
        TwitterやFacebookなどからは、たくさんの失望の声があがりました。
        実質、
        政権交代後の民主党政治にはノーであり、
        東日本大震災の対応についてもノー、
        そして、原発については、イエス!
        という結果です。

        最初の2つはともかく、最後の一つについては、失望せざるを得ませんでした。
        子どもの未来を真剣に考える母として、本当に心から失望しました。

        でもです。でも、落ち着いてから考えました。
        この選挙に対して、私は何をしたんだろう?
        投票には行きました。
        政権公約を読んで、どこにしようか真剣に考えました。
        Twitterなどでも、選挙に行こうと呼びかけました。

        それだけです。

        日常的に、政治のお話をしたでしょうか?
        ほかの友達や近所の人に呼びかけたりしたでしょうか?

        全然していません。
        それはなぜなんだろう?
        恥ずかしいからです。政治の話なんかして、嫌われたり、ウザイと思われるのが嫌だったから。

        日本では、まだまだ政治の話やら原発の話やら日常的にすることが、恥ずかしいという感覚があります。少なくとも私の周りはそうです。(もちろん、中には意識の高い友達やTwitterやFacebookではっきりと自分の意見も言う知り合いもいますが、それは私の日常とは少しはなれば場所でおこっているに過ぎません。)

        考えてみると、スペインで大きな政権交代がおこったころ、まだまだ若い世代だったダンナの友人たちは、カフェで普通に政治を議論していました。
        不景気で大変な今も、家族で集まると、政治や経済の話になります。
        それは、スペインでは普通のことです。だって、とっても自分たちにとって大切なことだから。

        日本もそろそろ、そうなってもいい時期じゃないかな、と思います。
        利権とか、会社の方針とか、そんなことよりも子どもたちの未来じゃないですか?
        だからこそ、ママたちが、政治の話をもっとすればいいんだと思います。

        もっともっと、政治について、子どもたちの未来について、勉強したり、議論できる気軽な機会が、カフェなどの気軽な場所でできればいいのに、と思います。

        ぜひ、実現していきましょう!
        小さなことからはじめましょう。
        失望というマイナスな気持ちを、前向きに変えましょう。

        IKEAのクリスマスイベント ルシア祭

        0
          お久しぶりです。いつのまにか12月、今年ももうあと少しで終わり!
          スペインへの里帰りも近づいて来て、気持ちがなんだか焦っている今日この頃です。
          しかも、クリスマスや忘年会と、イベント続きの週末が続きます。なんとか乗り切らなくては!



          先週末は、IKEAのクリスマスイベント「ルシア祭」に行って来ました。

          IKEAのお泊まり会に参加してから、もうすぐ1年。
          次回のお泊まり会の募集も、始まったようです。
          (楽しいので、みなさんも是非応募してみてくださいね。)

          実は、そのときに一緒に参加したメンバーでIKEAのイベントがある度に、集まってオフ会をやっています。
          大人はもちろん、子どもたちがとっても仲良しで、毎回IKEAで一緒に遊ぶのを楽しみにしています。

          お泊まり会に参加したせいか、IKEAの売り場もショールームも、子どもたちにとっては広い遊び場。スモーランドだけじゃなく、売り場でもかくれんぼやら、探検やらが始まります。
          (迷惑にならない程度です。もちろん)

          さて、ルシア祭、細かいことはあまり聞いてませんでした。。すいません。 - - ;;
          とにかく、特別に準備されたスウェーデンのクリスマスディナーをゆっくりと楽しむイベントです。(あまりにも大雑把… - -;;)

          前菜 


          メイン

          デザートはブッシュドノエル。



          途中、IKEAの社員向け保育園の園児たちの歌があったり、素敵な歌のライブもあり、なかなか充実していました。

          アルコールは含まれていませんが、追加で注文できます。ワインボトルが990円だったかな。みんなで少しずつ楽しみました。


          実は、普段は苦手なものが多いIKEAの子ども向けのお料理ですが、今回は、オムライスとビーフシチューだったので、ほとんど完食していました。(ただ、毎回出るリンゴンベリーのジュースだけは苦手みたいです。)

          イベントを担当しているスタッフも、お泊まり会で見た顔ばかりなので、子どもたちも慣れています。

          次回のイベントは、春のイースターかな。
          また、みんなで会えますように!










          宮城への里帰り

          0
             先週末の3連休は、宮城の実家に里帰りしていました。

            年末年始は、スペインに帰省するので、11月に一度、宮城に帰っておくことにしました。
            12月に入ったら、スペイン旅行の準備で忙しくなるので、今しかない!という感じです。

            それに、あと2つ目的がありました。
            11月13日についに、オープンした塩釜の絵本図書館「うみべの文庫」を訪問すること。
            そして、塩竈神社であんちゃんの七五三のお参りをすること。

            うみべの文庫の訪問
            (自分が寄贈した本をもって。あんちゃんが贈った本は貸し出し中だったのでウォーリーです)

            2011年6月からずっと絵本の支援活動を行って来ましたが、ようやくオープンできることになったと連絡をいただいていました。

            津波で長年かけて集めた絵本をなくした長谷川さん。ネットでよびかけたところ、1000冊を超える絵本や児童書が集まりました。
            そして、1年5ヶ月をへて、ようやく文庫としてオープンすることになりました。

            うちの二姉妹も、それぞれが一冊ずつ絵本を選んで寄贈したので、自分たちの絵本が実際に並んでいたり、誰かが読んでいたり、というのがとても嬉しかったようです。

            子どもたちと一緒に、行って来た絵本の支援活動。
            なんだか、実現したのが夢のようで、うれしい訪問でした。




            塩竈神社で七五三
            まあちゃんが三歳のときも、アンティークの着物を着せて、お参りにきたのが塩竈神社。

            今回は、あんちゃんの7歳とまあちゃんが7歳のお参りをしていなかったので一緒にお参りです。

            着物は特に準備しなかったので、2人とも、この間のまあちゃんの誕生日にスペインのおばあちゃんが贈ってくれたワンピースを着ました。


            ところがところが、、、当日はなんと最高気温6度の寒さ!!
            せっかくのワンピースでしたが、上着をぬぐのは不可能・・・ 
            ということで、写真はまともに撮れませんでした。
            でも、2人ともおみくじをひいて、ご機嫌でした。

            あんちゃんのおみくじ
            暴飲暴食注意
            と書いてあって、笑えました。
            だって、近頃の食欲といったら、本当に普通じゃないんです。
            ちょっとむっちりしてきたみたいです。^^;;


            少しだけ、塩釜の港も歩いてお昼ご飯を食べました。
            震災の後に出来た仮設商店街や、津波の高さが記されたサインをみて、少しあの日のことを思い出しました。


            そして、二姉妹は、実家の広い庭で、自転車のったり、サッカーしたり。
            久々に外でおもいっきり遊んで楽しんだようです。

            来週からもう12月!!
            スペインに行く準備もしなくちゃだし、とにかく、子どもたちが風邪などひきませんように!とヒヤヒヤしています。



            忙しい週末をのりきる!

            0

              先週は、急ぎの仕事が入り、とにかく、時間があれば仕事仕事の週末でした。
              家で仕事をしているので、子どもたちが家にいても、仕事をするわけですが、まあ、なかなか集中するのは難しいです。

              あんちゃんは、一日中お腹がすいている人なので
              「ママー。おなかすいたー。おやつは?」
              「ママー。まだおなかすいたー。」
              「ママー。ごはん、まだー?」
              と、こんな感じ。

              そして、静かになったなあ、と思うと、二姉妹でケンカが始まります。
              けんかの末に、いつも、妹のあんちゃんのほうが手をだし、姉のまあちゃんが、泣かされる。
              これがいつものパターン。

              というわけで、子どもが一緒にいるときは、基本的には仕事になりません。
              でも、今週はどうしても、日曜日中に仕上げるしごとがあり、とにかく、仕事をしなければ!!しかも、パパは、被災地に出掛けてしまい、週末は不在です。
              子どもたちに、協力をお願いすることにしました。

              「ママね、とーっても、大切なお仕事があるんだよ。
               だからね。あんちゃんも、まあちゃんも、
               できるだけ自分のことは自分でしてね。
               お手伝いも、たくさんしてよ。よろしくね。」

              あんちゃんも、まあちゃんも、はりきって
              「はーい。わかったよ。」
              と言ってくれました。

              そして、最低限のルールを決めました。

              今日、きみたちがやらなければならいのは、
              1. 宿題
              2. お部屋の片付け
              3. 月曜日の準備(上履き洗いなど)

              あとは、好きなことをやっていいよ。ゲームもオッケイ。
              ただし、ゲームの場合は、30分に一度、30分以上休んで別のことをすること。

              とルールを決めると、2人とも妙に張り切って、(多少のケンカは挟みつつも)ノルマを達成!ルールも守って、ゲームの合間にお部屋の掃除もしてくれたので、子ども部屋もだいぶ片付きました。


              子どもたちにも、きちんと、伝えれば伝わるものだなあ、やればできるもんだなあ、と改めて思いました。
              いつもは、ママに何でも頼りっきりの2人ですが、きっと、私が全部やってあげているせいかもしれません。

              おかげで、昨日の夜になんとか、納品できました。
              思い返してみれば、ランチだけは美味しいものを食べにいって気分転換したり、好きなおやつを食べたり、女三人、楽しい週末になったのでした。

              写真は、ちょっと前に、あんちゃんがくれた手作りのカードです。
              色違いのオリガミを二枚つかって、うまく裏表つくっています。
              大変なとき、元気が出ないときのお守りです。









              絵本「てをつなごう」出ました

              0


                10月末に絵本「てをつなごう」が今人舎さんから出版されました。
                私も「きむらゆういちのゆかいななかまたち」の1人として絵を描かせていただきました。

                5つの心あたたまるお話が入った、5人の作家と5人の絵描きのオムニバス絵本です。
                もともとは、東日本大震災の後、子どもたちを元気にする絵本を届けたいという願いからスタートしました。

                ぜひ、みなさんで読んでいただけるとうれしいです。
                (お話の対象は幼稚園児〜小学生低学年向けです)

                私が担当したのは「まじょ」のちょっとお茶目なお話です。
                魔女の絵を描くのは、とても楽しい体験でした。



                ひとまず、今日は告知でした〜。



                まあちゃんの10歳の誕生日

                0
                  先週、まあちゃんが10歳になりました。
                  ようやくなのか、あっという間なのか、なんだか10歳というのは感慨深いものがありますね。
                  Facebookに投稿したら、他のママから
                  「ママ、10年、おめでとう」
                  というメッセージをいくつかいただきました。

                  そうか… ママになって10年の誕生日でもあるんですね。
                  もともと子どもが苦手だった自分が、よくやってきたなあと感慨深いです。

                  さて、毎年悩むのが誕生日のプレゼント。
                  といっても、悩むのは私じゃなくて、まあちゃん本人のほう。
                  誕生日は年に一度だけ、大きな買いものができる日なのです。(といっても4,5千円だけど)

                  昨年は、ディズニーストアにいって大きなスティッチのぬいぐるみを迷わず買ったまあちゃんですが、今年はちょっと違うようです。

                  さすが10歳。漫画を中古で大人買いしようか、、とか。
                  小説のシリーズがいくつ買えるか、と
                  ゲームのソフトとか。。
                  あれこれネットでいろいろと検索してちょうだい、とうるさい。

                  で、悩みに悩んで結局買ったのは…
                  ムーミンのトイデジでした。
                  本当に小さくてびっくり!USBメモリぐらいしかない。
                  スペインにいってたくさん写真を撮るんだそうです。
                  3000円ぐらいだったので、後少しだけということで、漫画を二冊買いました。

                  それが、ママからの今年のお誕生日のプレゼント。

                  そういえば、あんちゃんからは?


                  あんちゃんも当日、私と一緒に文房具屋さんに行って、色々と悩んで、リスの写真のポストカードを買い、メッセージをそえて、プレゼントしていました。

                  「まりあいつもやさしくしてくれてありがとう。
                   まりあのことが だいすきだよ。」

                  これには、まあちゃんも、ジーンとして涙ぐんでしまったみたい。
                  最近、なにかと涙もろい、10歳のおねえちゃんです。^^


                  そういえば、みごとに誕生日当日、スペインのおばあちゃんからもプレゼントが届きました。毎年、孫娘たちの誕生日には素敵なお洋服を送ってくれるアブエラ(おばあちゃん)。
                  今年は、かわいいお揃いのワンピースとタイツ。ほんと、おしゃれで、センスがいい!
                  学校に着れないし、いつ着ようかしら?私もサイズがあれば着たいぐらい。

                  さて、プレゼントは、終わり。

                  あとは、まあちゃんの希望でお誕生日ケーキを1人いっこずつ選んで。
                  今年は、近所に出来たばかりの、焼き菓子とパンのお店から。
                  こうして、いつもの誕生日はすぎていきました。

                  おしまい 






                  手紙っていいな

                  0

                    昨日、うれしいお手紙が届いていました。
                    仙台で、震災後に知り合った22歳のAちゃんが、保育士の筆記試験と音楽の試験に受かったというお知らせでした。

                    彼女に出会ったのは、2011年の夏のことでした。
                    ご家族を津波で亡くし、市がアパートを提供してくれるまでの間、私の知人の家に身を寄せていたころです。
                    1人で働きながら保育士を目指していると聞きました。

                    ニコニコ笑顔がかわいらしい女の子。
                    子どもが好きなので、保育士になりたいと言っていました。
                    うちの二姉妹も、すぐに仲良くなって、一緒に遊んでもらいました。
                    私もすぐに大好きになりました。

                    子どもたちと仲良くなったのをきっかけに、私たち三人とAちゃんとの文通が始まりました。
                    子どもたちにとっては、お手紙での文通は初めてのこと。

                    とくに、まだ保育園児だったあんちゃんには、大変なことでした。
                    初めてお手紙を書いたときは、まだまだ文字がうまく書けず、私が下書きをしてあげたのをなぞるのがやっとでした。

                    それが、小学生にあがったころから、スラスラと書けるようになり、今では自分で考えて、長い文章も書いています。

                    「Aちゃんが保育士になるのを応援しよう!」と、子どもたちは毎回張り切って、熱いはげましのお手紙を書いています。

                    Aちゃんも「とても励みになっています」と嬉しそうに言ってくれました。
                    文通してから一年ほどが経った今年、ようやく彼女の夢が見えてきました。
                    あとは、実習だけになったとのこと。

                    1人でよくがんばったなあ、彼女は本当にすごいと思います。
                    子どもたちも、とても喜んでいました。



                    手紙を書くのは、子どもたちにもとてもいい勉強になっています。
                    あんちゃんは、「ママ、ワタシワのワは はだっけ?わだっけ?」
                    なんて聞きながら、書いているし、
                    まあちゃんは、漢字を確認しながら、長い長い字がいっぱいの手紙を書いています。

                    2人とも、なによりも、お手紙を受け取るのを楽しみにしています。
                    かわいい便せんを選んだり、シールをはったりするのも、楽しいみたい。

                    お手紙っていいなあ。デジタル世代の子どもたちだからこそ、手紙のよさを教えてあげたいと思います。
                    そして、これからもAちゃんを応援したいと思います。


                    ハロウィンの飾り付けと誕生日のプレゼント

                    0
                      昨日までの三連休は、とくに予定も入れていなかったので近場で過ごしました。
                      ただ家にいてもつらないので、子どもたちと工作をすることに。

                      家にある材料で、ハロウィンの飾り付けをつくってみました。
                      材料は、いつものAmazonなどから届くパッキングに使われている箱やダンボールの板。

                      とりあえず、大きめにジャッコランタンの形に切り、クレヨンで色を塗ったり、顔を描いたり。
                      その上に、イラストを描いて、窓辺にかざりました。




                      あんちゃんの絵。なかなか不気味な、動物??妖怪のようなものがいますね、、お墓もある。


                      左はまあちゃんの絵。相変わらず、かわいい絵。コスチュームがなかなか凝ってます。

                      他にも、絵を描いてリビングに飾りました。


                      トランプ?に見立てたようです。
                      左がまあちゃん。かぼちゃ少女。右があんちゃん、ドラキュラ少女。手がないのは、わざとか未完成なのか、不明。(笑



                      ダンボールで工作するのが大好きな子どもたちですが、実は、先日の私のお誕生日のときにも、あんちゃんがダンボールで猫をつくってプレゼントしてくれました。


                      あんちゃんの猫の下にあるのが、2人からのお誕生日のプレゼント。
                      お小遣いから悩んで悩んで買ってくれたようです。
                      左は、ふくろうのポストカード。後ろにメッセージが書いてありました。
                      右が猫のメモ帳。ママは猫が好きだから、だそうです。

                      真ん中は、あんちゃんのオリガミの♡。
                      二姉妹も、大きくなったなあ、と少し感慨深い誕生日でした。





                      << | 3/10PAGES | >>

                      oyacode.netバナー 塩竈へ絵本を贈ろう!

                      プロフィール

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      Twitter

                      スママム新着口コミ

                      最近のコメント

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode
                      track feed