クリエイティブ育児でいこう
スペイン人と国際結婚、二姉妹のママで、イラストレータ−&絵本作家。日々のゆる〜り育児をつづります。

手紙っていいな

0

    昨日、うれしいお手紙が届いていました。
    仙台で、震災後に知り合った22歳のAちゃんが、保育士の筆記試験と音楽の試験に受かったというお知らせでした。

    彼女に出会ったのは、2011年の夏のことでした。
    ご家族を津波で亡くし、市がアパートを提供してくれるまでの間、私の知人の家に身を寄せていたころです。
    1人で働きながら保育士を目指していると聞きました。

    ニコニコ笑顔がかわいらしい女の子。
    子どもが好きなので、保育士になりたいと言っていました。
    うちの二姉妹も、すぐに仲良くなって、一緒に遊んでもらいました。
    私もすぐに大好きになりました。

    子どもたちと仲良くなったのをきっかけに、私たち三人とAちゃんとの文通が始まりました。
    子どもたちにとっては、お手紙での文通は初めてのこと。

    とくに、まだ保育園児だったあんちゃんには、大変なことでした。
    初めてお手紙を書いたときは、まだまだ文字がうまく書けず、私が下書きをしてあげたのをなぞるのがやっとでした。

    それが、小学生にあがったころから、スラスラと書けるようになり、今では自分で考えて、長い文章も書いています。

    「Aちゃんが保育士になるのを応援しよう!」と、子どもたちは毎回張り切って、熱いはげましのお手紙を書いています。

    Aちゃんも「とても励みになっています」と嬉しそうに言ってくれました。
    文通してから一年ほどが経った今年、ようやく彼女の夢が見えてきました。
    あとは、実習だけになったとのこと。

    1人でよくがんばったなあ、彼女は本当にすごいと思います。
    子どもたちも、とても喜んでいました。



    手紙を書くのは、子どもたちにもとてもいい勉強になっています。
    あんちゃんは、「ママ、ワタシワのワは はだっけ?わだっけ?」
    なんて聞きながら、書いているし、
    まあちゃんは、漢字を確認しながら、長い長い字がいっぱいの手紙を書いています。

    2人とも、なによりも、お手紙を受け取るのを楽しみにしています。
    かわいい便せんを選んだり、シールをはったりするのも、楽しいみたい。

    お手紙っていいなあ。デジタル世代の子どもたちだからこそ、手紙のよさを教えてあげたいと思います。
    そして、これからもAちゃんを応援したいと思います。


    コメント
    すてきですね。楽しみながらお互いのためになっているのは一番です。私は祖母の妹さん(おばちゃんと呼んでいました)と一二年生のころに文通していました。字を書いて、人に伝わる、また受け取るということに喜びを覚えました。ユーモアのあるおばだったので内容も絵つきで面白かったし。おばはこどもがいなかったので、そんなことでも楽しかったんだと思います。この先、交流が続くと良いですね。
    • k
    • 2012/10/26 8:36 AM
    コメントありがとうございます。返信遅くなってすいません。子どもの体調が悪くて、しばらく忙しくしてました。
    文通はいいですよね〜。手紙の暖かさを子どもたちに伝えたいと思います。何よりもメールとは違ったつながりができる気がします。これからも、ずっと続けていきたいと思っています。
    • minako
    • 2012/10/31 9:48 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    oyacode.netバナー 塩竈へ絵本を贈ろう!

    プロフィール

    最近の記事

    カテゴリー

    Twitter

    スママム新着口コミ

    最近のコメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed