クリエイティブ育児でいこう
スペイン人と国際結婚、二姉妹のママで、イラストレータ−&絵本作家。日々のゆる〜り育児をつづります。

夏休み!アザラシに恋したあんちゃん

0
    いよいよ、子どもたちの夏休みが始まりました。
    ほとんどの日は、学童で過ごすのですが、初日の23日だけはお休みにしてお友達と水族館に行って来ました。一年前にリニューアルしていつか行きたいと思っていたサンシャイン水族館です。

    (クラゲを観察するあんちゃん。特徴をメモしています。)

    午前中に入ったときには、わりと空いていて、一つ一つの水槽がよく見えて快適でした。でも、ランチしてから再入場すると、ものすごい人!やっぱり、夏休みですね。(とはいえ、子どもばかりかと思ったら、意外にカップルが多いのでした)

    水族館は何度か行ったことのある二姉妹ですが、今回は、夏休みということもあり、なんだか真剣で、メモをとったり、私のiPhoneで写真をとったり。

    まあちゃんは、アマゾンのカエルに感動してたくさん写真をとって、更に全部の名前を真剣にメモしています。

    かと思えば、あんちゃんは、バイカル湖に生息するというバイカルアザラシの水槽の前からうごきません。何分も座ってじーっとアザラシを見つめています。

    (あんちゃんが一目惚れしたアザラシくん)

    私も一緒に見つめていると、ものすごく水槽のギリギリをすりぬけるように泳いでくれます。しかも、来る度になんか、目が合う気がします。

    あんちゃんは、あのつぶらな黒い瞳にすっかり魅せられてしまったようで
    「気持ちが通じた!大好きって言ったら大好きって返したよ」
    「キスしようとしたら、なんでキスするの?って聞かれたんだよ」
    すっかり、夢中です。

    それからは、ずっと、アザラシ、アザラシばかり。
    お土産やさんでもアザラシのポストカードを買い、そこで買ったノートにアザラシのことを書くとはりきっています。

    そして、翌日(今朝)起きると、すぐに紙粘土でアザラシくんをつくりはじめました。
    なかなか上手くいかず、苦労していました。
    ということで、夏の自由研究もアザラシになりそうです。(笑



    それにしても、子どもって本当に純粋ですね。
    普段、大人びて生意気なあんちゃんだからこそ、尚更、かわいく思えます。
    純粋なあんちゃんだから、きっとアザラシの声が聞こえたんだろうなあ。



    あんちゃんはもちろん、まあちゃんもとっても楽しかった水族館。
    今日も学童に水族館のガイドブックをもって行きました。
    あんちゃんも、もちろん、アザラシのポストカードとアザラシノートをもって行ったようです。

    さて、次回はどこに連れて行ってあげようかな。
    昨日はクタクタで腰痛が悪化したのも今日は忘れて、子どもたちの喜ぶ顔がまた見たいと思うのでした。

    (王様のようにお食事するイグアナくん。かわいーと二姉妹と歓声!)





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    oyacode.netバナー 塩竈へ絵本を贈ろう!

    プロフィール

    最近の記事

    カテゴリー

    Twitter

    スママム新着口コミ

    最近のコメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed