クリエイティブ育児でいこう
スペイン人と国際結婚、二姉妹のママで、イラストレータ−&絵本作家。日々のゆる〜り育児をつづります。

サッカーで自分の国、スペインに興味を!

0

    長年どうしようか迷っていたWOWOWにようやく加入しました。
    何のためって、もちろん、スペインリーグ(リーガ・エスパニョーラ)を観るためです。

    私もダンナも、もともとサッカーに興味があるほうではなく、ワールドカップなど、通常の地上波で放映されるときぐらいしか応援しませんでした。

    でも、前回のワールドカップでスペインが優勝したことで、大きく変わりました。
    自分がどうというよりも、子どもたちが、とてもサッカーに興味を持つようになったからです。

    常日頃、子どもたちには、スペインと日本2つの国があるのよ、と言い聞かせていても、日本生まれ日本育ちの二姉妹には全く実感がわかないようです。自分は普通に日本人だと思っています。

    でも、ワールドカップでスペインが優勝したことは、2人にとって「自分がスペイン人でもあることを」自慢できる出来事でした。

    もちろん、ワールドカップでは、日本もスペインも応援します。途中で日本が敗退しても、スペインは優勝。

    まあちゃんは
    「うちは、お得だよね〜。スペインと日本、両方応援できるんだから!」


    更に更に、このサッカー熱に火をつけたのが、なでしこのワールドカップ優勝でした。

    このときには、

    「男子はスペインで、女子は日本が世界一だ!やったー!」

    とこれ以上にないぐらい喜んでいました。


    そして、、、もともと、私もダンナも地元に近いバルサが好きだったこともあり、子どもたちも、自然にバルサファンになりました。

    スペイン代表で活躍していた選手の多くがバルサに所属。大好きなビジャがバルサに移籍したのも、もちろん、大きなきっかけです。

    テレビばかり見せるのもどうかと思って、数ヶ月悩んだものの、やっぱりバルサの試合を見たいという、子どもたちの想いに負けました。

    今月からバルサの試合は録画して朝早起きして観ています。

    「プジョール、かっこいいよね。イニエスタかわいい♡
      ピケかっこいい!」
    「あ、ビジャがいま映った。早く怪我なおらないかなあ。」

    と、盛り上がっています。

    もう一つ面白いのは、スペインリーグは、各地方や街の名前のついたチームが多いこと。
    毎回バルサと対戦するチームがどこの地方のチームなのか、地図で確認しています。
    スペインの地図を見たり、他の地域に興味をもってくれるいいチャンス。

    サッカーを通じて、スペインというもう一つの自分の故郷に興味をもったり、誇りをもってもらえたらいいな、と思っています。

    そういえば、ビジャのブログが見たいと言い出した、まあちゃん。
    これで、スペイン語や英語にも興味をもってくれたら、パーフェクトです!



    こんなTシャツ、思わず買ったけど、いつ着たらいいのかな。。(^^;;
    誰が誰だかわかる?






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    oyacode.netバナー 塩竈へ絵本を贈ろう!

    プロフィール

    最近の記事

    カテゴリー

    Twitter

    スママム新着口コミ

    最近のコメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed